毛膿炎にならないための予防法は?

こんにちはKaoriです。

今回は毛膿炎(毛嚢炎)にならないための予防法についてお話をしていきたいと思います。

毛膿炎(毛嚢炎)になるのは、間違ったムダ毛の処理法が原因になります。

自己処理脱毛だと、そうなってしまうことが多いので、脱毛は医療機関などで行った方が無難でしょう。

自己処理脱毛を試みる場合は、脱毛クリームをオススメします。

また、カミソリなどで脱毛をする場合は、処理する箇所や脱毛器具をきちんと消毒して清潔にしてから行うと、毛膿炎(毛嚢炎)のトラブルを回避することができるようになります。


毛膿炎(毛嚢炎)は、ニキビととってもよく似ていて見分けがつきにくいです。

一見、どっちがニキビなのか、毛膿炎(毛嚢炎)なのかわからないと思います。

この両者とも「ふきでもの」で一括りにされることがほとんどです。

この両者の違いは、「コメド」があるかないかとなります。


コメドとは、一般的に「ニキビの芯(毛穴が角栓で詰まりそこに皮脂がたまる)」と呼ばれているもので、このコメドがあるのを「ニキビ」と呼び、コメドがないものが「毛膿炎(毛嚢炎)」となります。



この記事へのコメント