エステ脱毛って医療機関よりいいの?

こんにちはKaoriです。

今回はエステ脱毛についてお話をしていきたいと思います。

エステでの脱毛について、厚生省は、エステサロンの医療行為とされる一切を禁止しています。

なのに、なぜ光脱毛など、いろいろな脱毛法をエステサロンはやっているのでしょうか?

それは、「医療行為になる」ギリギリのラインで止めているからです。


ニードル脱毛などの電気脱毛は、本来医療行為にあたるので、エステではやってはいけないことになっていますが、日本では脱毛するのに公的な資格はいらないので、エステサロンが医療行為にはならない範囲で脱毛するのは、何の罪にもなりません。

医療行為とまでにはならない行為とは、たとえば、弱い出力の脱毛機や、医療器具としての認可のない針(絶縁コーティングがされていない針)などを使用して、医療機関で行っている「電気脱毛」または「ニードル脱毛」と同じ名称で施術するということになります。

医療行為ができなということは、イコール、とってもキケンだということだと思ってください。

なぜなら、医療行為ができないということは、何らかのトラブルが起こった際に、対処ができないということになってしまいます。


医療脱毛は、医師が直接治療するか、医師の監視の元で治療が行われるのですが、エステサロンの場合、医師の資格はないのは当然で(中には医師免許を持っている人もいるカモしれないけど)、医学的な脱毛の知識を持っていないエステティシャンが行っているところがほとんどですので、脱毛前、脱毛中、脱毛後と、さまざまなトラブルが発生しているのも現状にあるのです。




この記事へのコメント