医療脱毛って何?保険って適用されるの?

こんにちはKaoriです。

今回は医療脱毛についてお話をしていきたいと思います。

医療脱毛とは、美容外科などを含め、病院などの医療機関で、「医師」が「患者」に対して施す医療的なムダ毛処理治療のことです。

病院では、医療機器として、厚生省から認可を受けた医療レーザー機を使用しています。

それを用いて、医師が直接治療するか、あるいは、医師の監視のもとでムダ毛の治療が行われます。

「医療行為」ができるかできないかで、いろんな違いが出てくるので、治医療行為のできる場所か否かをきちんと確認しておきましょう。


医療脱毛が発足した経緯は、多毛症や、男性型の発毛が認められた女性など、医師の判断により治療が必要だとされた人のために行われていた治療行為でしたが、近年では、多毛症ではなくても「ムダ毛」を気にする人が増加してきたため、多毛症と判断されたわけではない患者にも、この治療を施すようになったとされています。


医療機関で行われている脱毛種類は、

電気脱毛(絶縁針脱毛)
光脱毛
医療レーザー脱毛

各脱毛方法により、若干違いがありますので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

医療脱毛を行う場合、保険の適用はされないので、全額負担となります。

しかし、これは美容的な理由による脱毛治療の場合です。

もし、医師の判断により、多毛症だと診断を受けた場合は、治療の一部で保険が適用されます。

保険適用になるかどうかは、各病院により違いますので、詳しくは問い合わせて相談しましょう。



この記事へのコメント