医療レーザー脱毛ってどんな種類があるの?

こんにちはKaoriです。

今回は医療レーザー脱毛の種類についてお話をしていきたいと思います。


【医療レーザー機の種類】

◇ヤグレーザー(YAGレーザー)

医療レーザー機の一つ、ヤグレーザーは、波長などにより、ムダ毛の処理にも効果があるとされているのですが、これは処理後、
またムダ毛が再生することが確認されている事例があるので、あまり使用されていません。

しかし、メラニン色素をもつ細胞だけに反応し、老人性色素斑や日光性色素斑、脂漏性角化症といったシミに高い効果があるとされており、美容外科などでは多く使用されています。

◇ルビーレーザー

医療レーザー機の一つ、ルビーレーザーは、ムダ毛処理で考えた場合、白人向けだと言われています。このレーザーは、1960年メイマン博士の手により発明された世界最初のレーザーで、ピンク色の強力なレーザー光線を発し、現在でも医療機関などで多く利用されているものとなります。


◇アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、ムダ毛の処理用に開発されたものではありません。あくまでもムダ毛の処理に効果があるとされているので、使用されています。

このレーザーは、黒い色素だけに集中する特殊な波長を利用したレーザーで、これをあてるとレーザーエネルギーは皮膚の表面を通過し、毛根に瞬間的な高温を集中してあてることが可能となるものであります。

◇ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは、ムダ毛の処理用として開発されたもので、日本人の肌質などをきちんと考えられ作られたものになるので、一番よく使用されているものとなります。

これは、長いパルス幅の設定によって、レーザーの光が皮膚の奥まで進み、毛根の奥のムダ毛まで処理ができるものです。

皮膚上面にはほとんど反応しないので、これによって、日焼けしたタイプの肌や色黒の肌の人でも脱毛ができるようになったとされています。



この記事へのコメント