ニードル脱毛法のメリットと注意点は?

こんにちはKaoriです。

今回はニードル脱毛法のメリットと注意点についてお話をしていきたいと思います。

ニードル脱毛法とは、電気脱毛の種類の一つとなりますが、細い針を毛穴の一つ一つに差し、差した絶縁針に弱電流や高周波を流してムダ毛の再生を防止する方法となります。

絶縁針脱毛(ETL脱毛)と何が違うかというと、針の違いです。

絶縁針脱毛(ETL脱毛)は絶縁針にコーティング加工をされていますが、このニードルで使用される針にはコーティングはされていませんが、その代わりに金属アレルギーを防ぐ為に、チタンやゴールドで加工されています。

ニードル脱毛は、処理を行う際に激痛が走ると言うことが特徴としてあげられます。

また、医療機関でないところでこの脱毛法を行う場合は、どんなに痛くても麻酔が受けれません。

絶縁針のようにコーティングがされていないため、皮膚の炎症や色素沈着の可能性が高くなります。

ニードル脱毛法のメリットは、一度ニードル(針)を差して処理を行ったところからは、永久的にムダ毛が生えてこないというところとなります。

しかし、ここで注意しなえればいけない点は、この脱毛をした技術士の腕によって、違ってくるというところです。

医療機関でないところでニードル脱毛法を行う場合は、その業者の実績、施術を行う技術士の実力をきちんと調べておきましょう。

いい加減なところでやってしまうと、正確な治療が受けれない上に、ヤケドや色素沈着など、いろいろなトラブルが生じてしまいます。

また、ニードル脱毛法を行う際には、治療する部分のムダ毛を伸ばしておく必要があるので、間違っても剃らないようにしましょう。


この記事へのコメント