絶縁針脱毛(ETL脱毛)は綺麗に仕上がるようだけど痛くないの?

こんにちはKaoriです。

今回も絶縁針脱毛(ETL脱毛)についてお話をしていきたいと思います。

絶縁針脱毛(ETL脱毛)のメリットは、医療機関で行う場合は、1本のムダ毛に対して、通電時間が0,2~1秒と短いため、激痛を感じることが少なくなります。

この脱毛法は、皮膚にダメージを与えないようにと開発されたものなので、キレイに脱毛ができることもメリットとしてあげられるでしょう。

よく、針が使い回しではないのかという質問があげられるようですが、これは絶対にありません。というか、ありえません。

患者さん自身も、治療前に血液検査をしますので、安全を確保された状態で脱毛が行われます。

絶縁針脱毛(ETL脱毛)は、はっきり言って痛いです。

この痛みを感じる瞬間は、針を刺すときよりも、電気を流すときだと言われています。

しかし、絶縁針脱毛の所要時間は短時間なの、痛みを感じる時間は、一瞬だとも言えるでしょう。

でも、世の中にはほんの一瞬の痛みにも弱い人がいます。また、技術のヘタな医師もいるかもしれません。(いては困りますが)

医師はできるだけ痛くないようにしてくれますが、麻酔をして行えますので、あまり痛いようでしたら、遠慮せずに申し出ましょ
う。


この記事へのコメント