絶縁針脱毛(ETL脱毛)は大きな魅力のある脱毛方法!

こんにちはKaoriです。

今回は絶縁針脱毛(ETL脱毛)についてお話をしていきたいと思います。

絶縁針脱毛(ETL脱毛)とは、電気脱毛の種類の一つとなりますが、絶縁針という細い針を毛穴の一つ一つに差し、差した絶縁針に弱電流や高周波を流してムダ毛の再生を防止する方法となります。

この絶縁針脱毛(ETL脱毛)の歴史は古く、今から100年以上前から始まったとされており、日本では1960年代後半から行われるようになりました。

現在、日本の電気脱毛は、この「絶縁針脱毛(ETL脱毛)」が主流とされ、1本ずつ丁寧に処理されるというメカニズムが取られています。

絶縁針とは、ムダ毛の処理のときに皮膚を傷めないようにと、毛穴に差し込まれた針が肌に触れる部分に、特殊なコーティングが施された針のことです。

この針は、日本医学脱毛協会加盟医院や病院のみに、使用が許可されているので、どこにでもあるものではありません。

絶縁針脱毛(ETL脱毛)は、他の針に電気を流して行うムダ毛処理に比べ、コーティングしているという部分から、皮膚の炎症や色素沈着のトラブルを起こす割合が低いということが特徴としてあります。

また、肌が保護されるので、強い電流を流すことも可能となり、確実に組織を破壊できるのがこの脱毛法の魅力となるでしょう。


この記事へのコメント