ムダ毛処理には体毛の構造を知っておきましょう!

こんにちは、Kaoriです。
今回は体毛の構造・仕組みについてのお話です。


ムダ毛を処理するためには、まず体毛の構造から知っておく必要があります。
体毛は、毛根、毛幹、毛乳頭、毛球部、毛母細胞、毛包からできており、各部位のしくみと役割は以下のようになります。


先端部にある毛乳頭が毛細血管から栄養分を取り込んで、毛を成長させてしまいます。
毛乳頭の毛母部分が毛髪の発生や成長を司っています。だから、毛母細胞があるため、いくら抜いても毛は次々と生えてきます。

毛根 … 皮膚の中にある毛組織全体のこと
毛幹 … 体毛
毛乳頭 … 毛球部の底部のくぼみで、神経や血管が通じています。毛乳頭の上にある毛母細胞に栄養を送る働きをしており、体毛の色なる「メラニン」を作る細胞もここにあります。
毛球部 … 毛根の一番根っこの部分です。
毛包 … 一般的に毛穴と呼ばれている部分です。
毛母細胞 … 体毛の元で、栄養分により細胞分裂をして成長していきます。後ろに角化し、うろこ状に伸びた後、体表へ出てきます。

だから体毛はなくならないんですね。


この記事へのコメント